ボートレーサー まくレディオ「青春スプラッシュ!」

ボートレーサー まくレディオ「青春スプラッシュ!」

岡山を拠点に全国で活躍する若手ボートレーサーと皆さんをつなぐ番組、
ボートレーサー まくレディオ『青春スプラッシュ!』
プロアスリートとして活躍するボートレーサーをスタジオに招き
本音トークや生い立ち、裏側に大胆に迫る5分間!


青春スプラッシュ!のゲスト

2018年7月のゲスト

岡山県倉敷市出身 23歳
坂本 雅佳 (さかもと まさよし) 選手

―小学生の頃から野球ひと筋!

久世 :プロボートレーサーになって、今、何年目?
坂本 :1年目です。

久世 :何か、ほかのスポーツをしていたんですか?
坂本 :小学生の頃から大学まで、ずっと野球ですね。
     センターを守っていました。
久世 :肩が強い!?
坂本 :そうですね、肩は強いほうですね(笑)。

―野球少年時代のライバルは、佐野恵太選手!

久世 :同級生が、有名なプロ野球選手だそうですね。
坂本 :はい! 横浜DeNAベイスターズで活躍している佐野恵太選手は、
     中学のクラブチーム時代の同級生です。
久世 :どんな選手だったんですか? その頃からずば抜けてた?
坂本 :あぁ、確かに、すごかったんですけど…。
久世 :そう…、でもなかった?
坂本 :いや、僕も負けてなかった(笑)。
久世 :その当時の、佐野選手のポジションは?
坂本 :ピッチャーです。僕もピッチャーで、2人で投げてました。
久世 :すごい!そんな正真正銘のライバルがプロ野球選手だなんて!

―20歳の時に初めてボートレースを観戦。3年後にはプロ選手に!

久世 :野球ひと筋だった坂本選手が、ボートレーサーになったきっかけは?
坂本 :大学3年生の20歳の時、友人に誘われて
     地元の児島ボートレース場に行ったのがきっかけですね。
久世 :「1回、見に行ってみようよ」って、友達に誘われたんですね?
坂本 :はい。
久世 :20歳の時に初めてボートレースを見て、その3年後には
     プロボートレーサーになってる! それも、すごいことですよね。

―自分の人生は、自分で決める!

久世 :「ボートレーサーになる」って言った時、
     同級生をはじめ、まわりの反応は、どうでした?
     それまで野球ひと筋に打ち込んできたんでしょう?
坂本 :はい。「野球やめる!」って言った時には、
     親や監督、コーチにも猛反対されました。
久世 :それなのに、なぜ、ボートレーサーになろうと思ったんですか?
坂本 :もう、自分で決めてたんです。
     「多分、これをやらなかったら、僕は死ぬまで後悔するな」
     と強く思っていました。
久世 :それほど、ボートレースにグッとひきつけられたんですね。
     このラジオを聞いている方の中にも、
     何かクラブ活動に熱中している中高生の皆さんもいらっしゃるでしょう。
     でも、プロになる道、きっかけは、いろんなところにあると思います。
     ぜひ一度、ボートレース児島に足を運んでいただきたいと思います。

来週7月12日(木曜日)も、引き続き坂本 雅佳選手にお話をうかがいます。

―ボートレーサーになるために?

久世 :ボートレーサーになりたいと思ったら、
     どうやって情報を集めたらいいのかな?
     坂本選手は、どうしましたか?
坂本 :検索エンジンで「ボートレーサーになるために」って、検索しましたよ。
久世 :わかりやすい! それでヒットした?
坂本 :出てきます。
久世 :へえ、そうなんだ。
坂本 :ボートレーサーを目指す人のための「セミナー」が
     あることがわかったので、電話で予約しました。
久世 :なるほど。「ボートレース児島」に直接電話して説明会に参加したんですね。
坂本 :はい。そうです。

―ボートレーサー養成所って、どんなところ?

久世 :ボートレーサー養成所って、どんなところなんですか?
坂本 :厳しいですよ。
久世 :どういうところが?
坂本 :体力面というよりは、どちらかというと精神的に…。
久世 :具体的には、どういうところがツラい?
坂本 :失敗やミスをしてしまうとボートに乗れなくなるんです。
     ちょっとしたことなんだけど、それが積み重なっていくと
     「退学」になることもあるから、もうプレッシャーですよね。
     試験も、点数があんまり低いと退学になります。
久世 :なるほど。養成所に入れても、卒業はなかなか難しいんですね。
     厳しいところもある。だけど、それがプロの世界ですよね。

―ボートレーサー養成所の楽しい思い出は?

久世 :養成所の思い出で、「こんなことは楽しかったなぁ」っていうことは何?
坂本 :外出日が決まっているんですね。いつもは、
     学校の中にず∼っといないといけないんですけど、
     外出できる日が決まってるんです。その日だけは、
     もう、みんな、はしゃぐんですよ。おいしいものを食べたり…(笑)。

―じつは、甘いものが大好き♡

久世 :坂本選手は、外出日には何してたんですか?
坂本 :甘いものをよく食べていました。、
久世 :甘いものが、好き?
坂本 :ハイ(笑)、大好きです。
久世 :何が好きなんですか?
坂本 :チョコが好きです(照)。
久世 :はははは(笑)! ボートレーサー養成所では、チョコって食べられないもの?
坂本 :はい、食べられないですね。
久世 :はっ! そうなんだ。じゃあ外に出たら、もう、ムシャ、ムシャ、ムシャ、ムシャ…。
坂本 :そうです。ムシャ、ムシャ、ムシャ…(笑)。

久世 :ボートレーサーの募集については、坂本選手もおっしゃっていたように、
     「ボートレーサー募集」と検索エンジンに入力していただくと
     ヒットしますので、興味がある方はぜひ、ご覧になってみてくださいね。

来週7月19日(木曜日)も、引き続き坂本 雅佳選手にお話をうかがいます。