ボートレーサー まくレディオ「青春スプラッシュ!」

ボートレーサー まくレディオ「青春スプラッシュ!」

岡山を拠点に全国で活躍する若手ボートレーサーと皆さんをつなぐ番組、
ボートレーサー まくレディオ『青春スプラッシュ!』
プロアスリートとして活躍するボートレーサーをスタジオに招き
本音トークや生い立ち、裏側に大胆に迫る5分間!


青春スプラッシュ!のゲスト

2019年7月のゲスト

倉敷市玉島出身 31歳
若狭 奈美子(わかさ なみこ)選手

―じつは、海が怖いんです!?

久世 :若狭選手は今年5月に、地元・倉敷のボートレース児島で行われた
     『ヴィーナスシリーズ第2戦第9回クラリスカップ』で見事、
     デビュー初優勝を飾られました! おめでとうございます!!!
若狭 :ありがとうございます!
久世 :第1週目ということで、若狭選手はどんな人なのか、人となりから、
     お聞きしたいと思います。まずは、出身中学を教えてください。
若狭 :倉敷市立黒崎中学校です。
久世 :倉敷市玉島出身なんですね。
若狭 :はい。
久世 :玉島だと結構、海が近いと思うんですけど…。
若狭 :そうですね。
久世 :ということは、子どもの頃からマリンスポーツをしていたとか?
若狭 :いや、それが…。確かに家の前は海だったんですけど、
     小さい頃に海でおぼれて、それから泳げなくなっちゃったんです(笑)。
久世 :じゃぁ、泳ぎは苦手?
若狭 :苦手です。

―ボートレーサーは、お父さんの夢だった!?

久世 :じゃぁ海が怖いというか、そんなトラウマがあるのに、
     なんでボートレーサーを目指そうと思ったんですか?
若狭 :お父さんがボートレース大好きだったんです。本当は、自分がボートレーサーになりたかった、
     その夢を私に託した感じですね。
久世 :あ、ボートレーサーはお父さんの夢だった、って感じですか。
若狭 :そうですね、自分の子どもをボートレーサーにさせたかったみたいで、
     私は小学校の頃から児島ボートレース場に連れてってもらって、
     生でレースを見ていました。
久世 :どんなことが印象に残っていますか?
若狭 :エンジン音ですね。
久世 :すごい音ですもんね。

―初挑戦は15歳! 2回目の試験で合格

久世 :若狭選手は、何歳ぐらいからボートレーサーを目指し始めたんですか?
若狭 :えっと、目指し始めたのは中学校ぐらいですね。お父さんに言われ続けていたので、
     「私はボートレースの選手になるんだ」って思ってました。
久世 :中学校に入るとボートレーサーになれる年齢が近づいてきますよね。
     ボートレーサー試験を初めて受けたのは、いつ?
若狭 :15歳です。
久世 :試験には何回目で合格したんですか?
若狭 :2回目で合格しました。16歳の時です。
久世 :ということは、一般的には高校生の年代だと思うんですけど、高校はどうされたんですか?
若狭 :中退しました。
久世 :養成所に行かないといけないですもんね。すぐ決心ついたんですか?
若狭 :はい。将来の夢はボートレーサーだったんで。
久世 :同じようにボートレーサーを目指していた友達が身近にいたんですか?
若狭 :いないです。
久世 :2回目の試験で合格して、たった1人でボートレーサーの道へ進んでいく訳ですね。

久世 :ボートレースでは、中学・高校時代にスポーツ経験がない選手も活躍しています。
     ボートレーサーは男女問わず15歳から誰でもチャレンジできる職業です。
     興味を持った人は「ボートレーサー募集」でネット検索してみてくださいね。

―ボートレーサーって、どんな職業?

久世 :ボートレースって、どんなスポーツなんですか?
若狭 :そうですね。男女が一緒に戦っていくんですけど…。
久世 :えっ? 女子と男子のレースって分かれてないんですか?
若狭 :はい。分かれてないんです。
久世 :じゃぁ、男性も女性も、同じスタートラインに立つ?
若狭 :そうです。
久世 :ボートがブイの周りをクルクルクルっと回る映像を見たことがある人は多いと思うんですけど、
     1回のレースで何艇走るんですか?
若狭 :6艇です。
久世 :何周するんですか?
若狭 :3周回ります。
久世 :国が認めた公営競技の1つ「ボートレース」は水上を走るスポーツです。
     そのスピード感から「水上のF-1(エフワン)」と呼ばれ、
     6艇のボートが1周600mのコースを3周して順位を決める、ということなんですけど…。
     順位によってお給料が変わる!? ということなんですか?
若狭 :変わっていきますね。
久世 :そ、そうなんですか。

―ボートレーサーは、親孝行できるスポーツ?

久世 :ボートレーサーが親孝行できる仕事であることは間違いないということですけども、
     若狭選手は小さい頃、
     お父さんから「ボートレーサーになれ」と言われてきたんですよね。
     お父さんは今、どう思われてますか?
若狭 :すごく応援してくれるし、なんかアドバイスもしたがります。
久世 :どんなアドバイスをしてくださるんですか?
若狭 :毎回レースを見てるんで、「あそこをこうしたら」とか言ってきますけど…。
     まぁ、聞かないですね(笑)。
久世 :「お父さんのアドバイスが的を得ている」ってことはないんですか?
若狭 :たまにありますよ(笑)。

―選手寿命は何歳まで?

久世 :ボートレーサーは15歳から目指せるプロスポーツで、
     しかも、選手寿命も長いじゃないですか。
     若狭選手は「何歳ぐらいまでボートレーサーをやりたい」と思われていますか?
若狭 :そうですね。「負けたくない」っていう気持ちがなくなるまでは続けたいです。
久世 :じゃあ、今のところは…!?
若狭 :ないです!

久世 :第2週は「ボートレーサーって、どんな職業?」というテーマでお聞きしました。
     9月6日までボートレーサー募集中。
     興味を持った人は「ボートレーサー募集」で検索してください。

―ボートレーサーって、一体どうやったらなれるの?

久世 :担当直入にお聞きします! ボートレーサーには、どうやったらなれるんでしょうか?
若狭 :試験を受けて、養成所で1年間訓練して最終試験に合格したら、なれます。
久世 :なるほど。で、ボートレーサーの試験は何歳から受けられるんですか?
若狭 :15歳から、ですね。
久世 :若狭選手が初挑戦したのは何歳?
若狭 :15歳です。
久世 :で、何回目の挑戦で合格したんですか?
若狭 :2回目の挑戦です。
久世 :2回目! それはエリートですよねぇ。
     ちなみに、「私って、あんまり運動神経ないんだけどなぁ」、
     なんて人にもチャンスはあるんでしょうか?
若狭 :大丈夫だと思いますよぉ。

―ボートレーサーになれるかどうかは気持ち次第!?

久世 :若狭選手は確かバスケットボールをされていましたよね?
若狭 :はい。
久世 :ボートレーサーになるにあたって、「私のココが長けている」
     「ボートレーサーに向いてる」なんて思う能力が、ありましたか?
若狭 :う∼ん………、筋力は自信があったんですけど、
     あとは…、気持ちですね!
久世 :一番大事なのは気持ちなのかもしれないですね。
     一般的にプロスポーツの世界では、体格がいい人とか、小さい頃からスポーツをやっていた人、
     経験のある人が有利な場合が多いと思うんですけど、
     ボートレーサーは未経験から始めるスポーツですからね。ちょっと興味を持ったなら、
     まずはボートレースを生で見ていただきたいと思います。

―今からボートレーサーになりたい! と思ったら…

久世 :今からボートレーサーを目指したいなと思った方に向けて、
     若狭選手からアドバイスをお願いできますか?
     例えば、合格までに「こんな努力をしました」
     「こんな勉強をしました」っていう経験談とか。何か覚えてますか?
若狭 :体力をつけることと、ストレッチぐらいかな。
久世 :そういえば試験を受けるとき、体重制限って、あったりするんですか?
若狭 :ありますよ。50キロ!
久世 :クリアできてたんですか。
若狭 :それが、私、49キロとかだったんですよ。
久世 :結構、ギリギリ。
若狭 :そうですね。だから減量を兼ねてとにかく動いてましたよ。
久世 :ボートレーサー生活14年を迎えた今も、現役レーサーにとって体重管理って大事ですよね。
     そこで! リスナーさんの中には「今から水着に向けて準備をしたい」なんて人も、
     もしかしたらいるかもしれないので、プロのアスリートの方が、
     どうやって体重を落としているのか教えてもらえませんか。
若狭 :体重は、食事とトレーニングです!(キリッ)

久世 :ということで、今週は「ボートレーサーって、一体どうやったらなれるの?」
     をテーマにお聞きしてきました。
     ボートレーサーは、やる気があれば誰でもなれるチャンスがある職業です。
     9月6日までボートレーサーを募集しています。
     詳しくは「ボートレーサー募集」で検索してみてください!